くつぞこちゃん

記事一覧(11)

we named our life " "

この透明は光のほかには穢されないねつまぼろしの種苗お前のために集束される幸福をダイヤモンドの細胞核雛生る樹幹胸に嵐の喩え磁石みたいに彩度を奪う失えばいい注ぐのだから正しさだけで発光できる腐らなかった宝石の翌冬金の輪っかを攫うのさ百獣のブルー可視光の精油写真や風化や神さまを結ぶ引く道すべてに金色が散る花芽も雛も引き連れて恐れず統べろ四季よりもあたらしいひと鍵束に正解はたったひとつよい毛並みのヴィラン春の呼び水バタークリームが塩辛い衛星が潜ってく青と金の卵殻両の手はいつもひらいておくこと拭われては朝が来るこの震えをきみだけは知っててたてがみはリボンのために差し出されるのお前が不可視だと言う果てこんなうつくしい不自由きみではないわたしなどはない日々も四季も折り畳んでその英知を孵さないでねゆるやかに水は降る蝶々結びの専門家横顔が夜の明けるのに似ていた化けの皮の所有上限潰えてもすきな星4文字で事足りるすべて多面多色体の主誇らしい枷春をゆく氷河首すじに光源を見るどんな真冬もくるんでくれる輪郭線に雨粒を悲しみが降るものならば傘になろう消耗されない名を付けて暗やみを吸い上げて染まるカシミアよりラグドールよりキャンディーラッパーコンフェッティ桜が散ったら絶えればいい背中にキツツキの幽霊傷によく効くケーキシロップ爪の先まで真水が通う魔性の堅物拾い集めた輝くものを残らず頭上に降らせるから地中に蕾むマイナス等星の思し召し雲も火も結び尽くして砂金と全円飛行船の出自執着のもつ美しい別称百年の猛毒星座でさえ匂いがあるのに従順な角の化け物お前が呼べば私の名すら恋になる牙に花柄を描いてあげる誰にも束ねられないで手のひらは魚、回遊する熱どうしてそんなに愛ばかり触れる?神さまは猛獣と教えられたわたしがきみを好きになる夢を見てどこにも孤独が見つからないいつか魚として会えるよ君を満たすゼロになりたかった口笛の暗号で言ってきみよりかわいい欠損はないどんな幸福も君に見せるため拾い歩いたぴかぴかのスパンコール勲章駄菓子屋で買える宝石陽溜まる窓辺うちの賢いライオンちゃんふくらんだ祝福も置き去りの幸福もシュガー・オランジェ・サンフラワーstray-orca syndrome信号ごとスプーンで掬う触れた皮膚が星になる底なしの海にも光を渡しにやってくるから吸収されたくて触れ求めるのだあさってを白いお皿に取り分けて回転体の双軸この球体を七色にできる、というと笑う粉々にしてもいいの夜の終わりや奇跡のための液状の太陽が継がれてゆく宇宙ごとしあわせにするさ不可能すら結うから愛だと言って手のひらで回文が羽を生やす呼吸ひとつも解き明かされてくぼくら日々を喜びと名付けた

love song from my hell garden

青い陽がわたしを圧し潰すとき種を蒔くように色を突き立てるlove song from my hell gardenくるぶしを星座で縛って暗やみでだけ愛にみえる瘡蓋を熟れた実みたいだと笑う結びもせずにほどき方なんて聞かないでunder a noisy spell指にはレグルスの牢「骨も目だまも砂糖細工じゃないのよ」エメラルド・チェリーの鈴生り沈黙に羽ばたきが充満している名前の母音に太陽が潜んでいるね心室に水銀の滲み星も流れない身体で良ければ止め処なく振りかざす慈愛破れ目だらけの周波で言う「夜を光らせたのはきみ?」心臓は割れたクッキーみたいな薇動脈から愛の歌が滴ってももうずっと花を浴びているみたい瞼の縁を朝焼けが覆っている1ミクロンのけだものたちが束になってI hate youを書くのに相応しい花水底のリトル・サンきみを照らせるただ一つの影でいるひまわりはハニーフレイバーの麻痺毒蛇のいばらを潜って来てね一等星がみんな砕けて壊れてもいいその手のひらでぬるい海になる光と色で踏み付けにして皮膚に鱗もフリルもない惑溺は遺伝子のかたちをしている創世よりもきみを護れる劣等だよわたしにだけ甘ったるい病毒エデンには酸素なんてないというきみこんな霧が全部プリズムに見えるわたしの悪魔を飲み干さないでこの傷にはもっと乱暴に潜っていいキャンディボックスの戴冠式空気より透明な鎖ふたり五線譜の上で転がっていよう汚すために無地のドレス極彩色で窒息してくれ「砂になったわたしを抱ける?」きみの留め金をひとつずつ外してく脱け殻が愛撫されるたび運命が施錠されていくきみに生まれ直すために必要な災いきみが穢したすべてが甘い地獄ひとつチョコレートにするくらい訳無いwanna be Ms. Specifica口を閉じたら手乗りの地球儀Tシャツから宇宙の匂いがするその幼さは水鳥か蔓草の系譜きみが指で描くわたしの展開図湖として愛でられていた5分前言葉を取り上げてまで踊らせないで安息は大体腕を広げたくらいの大きさ熱も上澄みも統べられていたい唇から極彩色が漏れないよう塞いでいてダイヤモンドと銀の隙間から抱き潰す聴覚を飛んでゆくロケット名前ひとつで誑かしてみてひび割れた匣では星群が騒いでいる横たえた水槽に水飴を垂らし続けて吐く息の味を何かに喩えたりしないで泣き声はちょうどきみのひと口大信号を待つ間跳ね星を宥めている触れるのに夢を隔てたりしないで心臓は楽器じゃないのよ何にも似ないよう丁寧に踏み躙ってね背骨の中に火があって息を吸うたび噛み付かれるときどきは水晶みたいに撫でてほしい底なしの冥やみでも手を引いてあげるオーガンジーの群れから掬い上げて浸かっているのは甘い泥水羽なんてベビードールより役に立たないきみの毒とわたしの忠誠が同じ透明度をしていること夜が澱むたび皮膚に蓄積されてくせめて牙だけはわたしのものでいて溶けているとき誓うなんてずるい細胞ひとつ抱き合っていられない愛を帯びて重くなってく名前胸のふたがもうどうやっても閉まらないお星さまにねだる「わたしが食肉だったなら」捻り潰すたび彩度を増して軋む少しずつ少しずつ幸福は致死量に手を伸ばすけれど五感をリボンでぐるぐるにしてどの衝動に閉じこめてくれる?きみの毎日を口移しで少しだけ分けて痛いこと全部ビスケットみたいに食べてあげるよいつでも幸いと隣り合う呪い標高1.6mの天国がわらう朝はいつもきみの背越しにやってくるから燃えても枯れても血にまみれてもわたしの頬を撫でていてすべての幸福にブルートパーズの気配がすることthe catcher in the metropolis二人乗りの小さな日々きみを世界で満たしていたいよ

おやすみの国の恋人へ

胎の雪原で見ていた頬おやすみの国の恋人へ桜の希釈皮膚の内で桜が燃える電子をフォークで等分する星座線が絡まるところシロップ専用潜水服「雪は燃えているから白いの?」ウルトラピンクトルマリンインク瓶でつくる真珠神話にあったコードネームえりあしの回遊魚ゼリービーンズを噛むのは燐寸を擦るのと同じことホールケーキ上に等しく国境を引くグリモワール・エリキシル眼窩いっぱいの澄んだ紅茶頭上を旋回る野ばら背骨を舐める火花灰のひと粒ずつプリズム「凶器は砂糖水です」花キンポウゲが太陽の幼生であること百味彩光弾シュガーポットは密室フランボワーズソルベの絶壁ワンダーアルトシーイングチョコレート結晶石いにしえにはリボンであった詰草花嫁として廻る地球蜂蜜を垂らして世界地図そこかしこに投げつけた愛が散らばるオー・デ・コロンにゆりかごの進水キャラメリゼ猛獣金平糖の降る暦ストロベリーフレーバーの呪縛誕生石より似合いの貝殻キャンディーウォール崩壊記念日どの青にも火を溶いて五線紙が浮気ばかりする女王さまがお赦しになった魔女たちソロモンの殻に根を張るオーロラが洩れてしまうよ麻痺毒で虹を見る来世は双子に生まれよう孔雀の夢と交換こ暗騒音の濃彩が伝染る擬態しているダイヤモンドdolly high手飼いの晴天ディストーションの光沢が滲む花式図に鳥が紛れる十六分音符がひとつふたつ迷子星を震わせるシュプール海中気球ビロードに溢す濃紺ゼラチン質の慈愛アトモスフィアが変彩するあらゆる日陰にローマは伸びて遺伝子よりも正しく撫でて泥でも灰でも天使さま同じ加護に埋もれている更紗遊泳渡りの明け星抱いていれば大人しい台風ハート形ホログラムのインクルージョン風船で溺れるかわいい子電燈、灯台、α星絶え間なく降りてくる甘い糸祝砲に混じる朱が澄んでいる楽器みたいに羽ばたかないでまぶたに沿う日付変更線忠犬オラクル自我はパレットに溶け切ってもう見えないどっちの真冬が塩からい?あなたの頬で影が燃えていくのを見てた感電する流砂絵画になれない怪獣が言うシャボンがわれて欲望を見失うこの氷が鍵の名前を捨てないうちにまだ足あとのないホットケーキオリオンを切り取るラインマーカーミルフィーユ漕ぐ航路帯びた磁気が羽毛みたいでビル街では13のまじないも形無しまどろみたちが交差する落とし穴には暖炉も書架もラザニアもある新月を染める浸透圧人さし指と親指の輪っかでカメオを作れる子守り歌でぐるぐるに結ぶどの異国にも手が届く塔フルーツバスケットに卵を投げ込むこの花圃でいちばんのテディベア爪のあたりにメリー・ポピンズを隠しているあまたあるリボンの波からわたしを選んで毒牙から色砂糖がぱらぱら体内に隠し持った果樹糖度が高いほど透明な細胞千年前にはコーラルリーフ祝福を翳せばミル・フルールがめばたくsatellite supersonicフェリスホイールで何千里

a sacred luminary

a sacred luminary蔑みの光沢発光という赫威つぼみと蛹が同じならそのつむじが北極星と信じた似合いの獣を探した百年あなたにあげる欠損を集める清い呪いぼくの空洞で鎌首擡げてくれないかあらゆる宝石の集合体星にはみな根があるものよ円環は慈悲を持つ月の裏にて砂になる雨はうつわに注ぐ尊厳ガーネットにルビーの侵食プラネタリウムみたいな声すべての芽吹きを持って帰るよ星座になれるただひとつの生きもの海を均して火を織ってプラスチックの天球にて君の名は神さまを呼ぶ呪文楽園に雨の教え空を抱えて眠っているいま連星のあたりを過ぎた頃睫毛を銀糸と疑わぬ瓶詰めの銀波澄む軋みサイダーの結晶化泣けないぶんだけ海を飲む二日月のほころび従順なジェリーフィッシュゴースト薄めた貴石を胎に注いだ羽角に光の巣もっと踏み躙るみたいに呼んでほしい清らな綻び「あなたが鳴らして」Noah's Aquarium綿菓子製額縁デジタルアンティックありあまる斎いウォーターミントを天使としよう無色透明の担い手cottoncandy faith慈愛のうばら研がれるたび空気にとけるあなたが縫った呪いを誇らしいと思う花や憂いやウォルナッツガラスビーズ層の心を以って白く白く四季を灼く暗やみがうまれる前の日のことグロッケンシュピールの足音鮮鋭なる拉ぎ溺れる大気直刃と透けるモスローズ濾過した朝を掬い上げて一角獣が翔んだあと人型白夜砂の城の悪い魔女まるい冬を舐めているみたいgood night, twilight.ダイヤモンドは砂を生む祈りを描いたような頸flowering gloria薄く平らな一等星海の誕生日施与と磨滅で布を織るグリッターまみれの畏怖「幻日に誓うよ」宿るオーロラスプーンに海と金貨と灯台をもうチョコレートになれない水ドロップのための虹抽出氷砂糖から歌が鳴る尊厳のルースガラス質の予知飛行捕鯨船名前だったよってあなたがいう砕かれた冒瀆がきらめくこの身体を夜と思えばいい檻の名はペタルスコール「空気にふれるとき君と思ってしまう」たしかにあれはオーロラの気配清濁の展開図歯形のついた永遠定義の採型眼睛に鎖すビル群小鳥の行進咲くような足あとレモネード潜水ダイヤモンドのお砂糖が降るあなたが透明と思うものすべてを教えてa sugared cryptidその横顔は星の流れていったあと銀の色は可視の永遠尊びのひと粒ずつ雪虫街灯マイクロムーン光よりふたつ速い手紙銀蛇とソーラーウィンド月面浮標あなたが廻す星でしか眠れない

吐いた空気がたてがみになる

たまごから王冠への階調光の可触化文字の中では息は出来ない空洞が分光されてくあめつちの結び樹天使の素粒子ソーラー・ゴースト牙は神様だった名残りthe absolute radiancyその欲望は水晶に似ている百獣の恒星火を撫でるようなまばたき猫目サファイア存在のない信仰フラワーベースに名前を溶いた「羽が見えないなんて嘘」雨を知らない猛獣へ光集く獣苑首すじは薄い硝子の造花みたい孵卵器のユー・エフ・オー虹の番いの棲み処を知ってる災いと蜂蜜の見分けがつかない雛鳥を尊んで付けた名前ダイヤモンドは青い化け物星湧くたてがみ骨に嵐蹴飛ばすと甘くなる砂飲む鯨夏を濡らして光っている繭のなかのライオン広い広い無音満天の太陽の下閃光がほどけない溺れる火花つまさきに天体の宿り拾い集めた春を春にして鳴らない涙隕石の集う街薄青い朝が割れる君が眠れるように残らず光を潰しておくこと猛毒をキャラメルひと粒みたいに言うchromatic null夢裏夜行至純の堆積小さな酸素にリボンをかけて呪文がわたしを束ねている砂まじりの花殻鱶と翼どんな曲線より美しいまぶたブラックホールはひまわりの中毛皮被った無垢悪魔の涙を舐めるため両眼にファイアオパールの象嵌月は希みを受ける器goody-fizzy日陰の月にて変光星がわたしを塞ぎますように憂うつの晶癖暗やみは舟の形をしている頭の中に太陽が巣食う病色生む獣翅脈には宝石の種子ベッドルームを魚が過る牙をくぐれば夜は虹泥の海にて月を仰ぐあなたに幸福の名をあげたかった象牙と錠と蛇苺プラチナ巣守つむじに銀の糸こんな不出来な崇拝を嗤って胸は日照りのための雪原青く遠い空洞わたしの砂漠に眠りにおいで慈愛もショコラも毛羽立ってRGB disdain琥珀糖に灯虫を鎖すオズへは雨のコンクリートで宝石を散りばめながら走ってく流星群の発芽噛み跡がはくちょう座に見えたの目の丸みが鯨の背と同じだった春を灼き胸を潰す首を絞めるように髪を結う手雷の角を数えて眠ったdazzling evil轍が海になってゆくおまえの透明に塗り潰されるエクレールは尊びの具現まるで戴冠のように結晶する落雷みたいに汚して欲しいあなたが宇宙のままだったなら底なしのセレストブルー棄てるならナズナの群れのある丘に世界一清らかな錆生きるたび透きとおってくうまれる前エメラルドだった鱗真夜中に祈りが白く浮標している花の数だけ笑うなら僕らありったけの春を呼ぼうあらゆる祝福を攫って吐いた空気がたてがみになる