we named our life " "



この透明は光のほかには穢されない
ねつまぼろしの種苗
お前のために集束される幸福を
ダイヤモンドの細胞核
雛生る樹幹
胸に嵐の喩え
磁石みたいに彩度を奪う
失えばいい注ぐのだから
正しさだけで発光できる
腐らなかった宝石の翌冬

金の輪っかを攫うのさ
百獣のブルー
可視光の精油
写真や風化や神さまを結ぶ
引く道すべてに金色が散る
花芽も雛も引き連れて
恐れず統べろ
四季よりもあたらしいひと
鍵束に正解はたったひとつ
よい毛並みのヴィラン

春の呼び水
バタークリームが塩辛い
衛星が潜ってく
青と金の卵殻
両の手はいつもひらいておくこと
拭われては朝が来る
この震えをきみだけは知ってて
たてがみはリボンのために差し出されるの
お前が不可視だと言う果て
こんなうつくしい不自由

きみではないわたしなどはない
日々も四季も折り畳んで
その英知を孵さないでね
ゆるやかに水は降る
蝶々結びの専門家
横顔が夜の明けるのに似ていた
化けの皮の所有上限
潰えてもすきな星
4文字で事足りるすべて
多面多色体の主

誇らしい枷
春をゆく氷河
首すじに光源を見る
どんな真冬もくるんでくれる
輪郭線に雨粒を
悲しみが降るものならば傘になろう
消耗されない名を付けて
暗やみを吸い上げて染まる
カシミアよりラグドールより
キャンディーラッパーコンフェッティ

桜が散ったら絶えればいい
背中にキツツキの幽霊
傷によく効くケーキシロップ
爪の先まで真水が通う
魔性の堅物
拾い集めた輝くものを残らず頭上に降らせるから
地中に蕾む
マイナス等星の思し召し
雲も火も結び尽くして
砂金と全円

飛行船の出自
執着のもつ美しい別称
百年の猛毒
星座でさえ匂いがあるのに
従順な角の化け物
お前が呼べば私の名すら恋になる
牙に花柄を描いてあげる
誰にも束ねられないで
手のひらは魚、回遊する熱
どうしてそんなに愛ばかり触れる?

神さまは猛獣と教えられた
わたしがきみを好きになる夢を見て
どこにも孤独が見つからない
いつか魚として会えるよ
君を満たすゼロになりたかった
口笛の暗号で言って
きみよりかわいい欠損はない
どんな幸福も君に見せるため拾い歩いた
ぴかぴかのスパンコール勲章
駄菓子屋で買える宝石

陽溜まる窓辺
うちの賢いライオンちゃん
ふくらんだ祝福も置き去りの幸福も
シュガー・オランジェ・サンフラワー
stray-orca syndrome
信号ごとスプーンで掬う
触れた皮膚が星になる
底なしの海にも光を渡しにやってくるから
吸収されたくて触れ求めるのだ
あさってを白いお皿に取り分けて

回転体の双軸
この球体を七色にできる、というと笑う
粉々にしてもいいの
夜の終わりや奇跡のための
液状の太陽が継がれてゆく
宇宙ごとしあわせにするさ
不可能すら結うから愛だと言って
手のひらで回文が羽を生やす
呼吸ひとつも解き明かされてく
ぼくら日々を喜びと名付けた


2015.4.5

0コメント

  • 1000 / 1000